ドキドキ加工


 

いきなりですが今回は材料としたこちらの写真から

GetAttachment1

 

わかりづらいですがかなりダメージのある木なんです

4メートルある角材で穴、線、溝などが無数に入っております

おそらくこの角材の上で大工さんがいろいろな加工をしていたんだろうと思われるもので

言わばカッターマットのような使い方ですね

この角材僕は魅かれました。カッコよくなるはずと

 

しかし、いざ材料として加工しようとすると出来たもんじゃなく

まずは金属探知機で釘など入っていないかチェックして自動カンナを通せる状態にして

ドキドキしながら削って仕上げたのが

 

P1130214

P1130212

おもった通りの雰囲気ばっちりのフレームができました

他にも

P1130222 P1130224

卓上ポストカードサイズの置き額です

 

もうひとつとっておきの1枚があるんですが後程 紹介しますね

 

今回の材料のように、加工するまでに大変な木材とのにらめっこを日々したりしてます